5ちゃんねるの誹謗中傷体験談⑤

5ちゃんねるの誹謗中傷体験談

30代 男性

自分が在籍していた大学の5ちゃんねるの掲示板で誹謗中傷を書かれた経験があります。
普段はあまり5ちゃんねるを見ることがないのですが、自分の学校の掲示板をたまたまインターネットで見かけたことにより嫌な経験をしたのです。

仲の良かった大学の友人はネットオタクとして有名だったのですが、喧嘩になってしまい数年間疎遠になってしまいました。
学校でもあまり見ることがないのでどうしているのか気になっていましたが、インターネットの掲示板で私の悪口を書かれていたのです。

その内容は、友人しか知らないものだったのですぐにその友達だとわかりました。
ただ、すでに友人は退学をしているようだったことと、書き込まれた日付が数年前のものだったので警察に届けることはしませんでした。

どんな対策をしたか

数年間しつこく書き込まれるようだったら警察に被害届を出しますが、今回は我慢をしました。
その掲示板はあまり知られていなく、ほとんど人もいないので、自分でスレを埋めて違う話題にする努力をしました。

一人で書き込むことは変な感じがしましたが、あまり私の話題で盛り上がってしまうと良くないので頑張りました。
今現在は、全く違う話題となっているので安心して生活ができています。

20代 男性

私は過去に5ちゃんねるをやっていて誹謗中傷を受けたことがあります。
その時は20代前半で軽くショックを受けました。

具体的には私がオンラインゲームの掲示板に書き込みをして、それが原因で他人から酷いことを書かれました。
その内容は正に誹謗中傷で自分は辛い経験をしました。
また私の書き込みは他人を悪く言う内容ではなかったです。

実際には趣味のオンラインゲームの様子を掲示板に書いて、各プレイヤーの情報などを交換していました。
そこで私や仲間に恨みを持っていた相手が書き込みをしたのだと思います。

その当時は趣味のオンラインゲームでも対戦が非常に盛り上がっていました。
だからこそ5ちゃんねるの掲示板にも過激な意見が多かったです。
そして私はゲームのキャラクターを特定されそうになった上で誹謗中傷されました。
その時は5ちゃんねるに潜んでいる粘着質の人間が怖くなりました。

どんな対策をしたか

私は5ちゃんねるに書き込んで被害を受けたので、オンラインゲームの仲間たちに相談することにしました。
すると仲間たちが協力してくれてアドバイスをもらいました。

仲間は私に5ちゃんねるの利用を止めるように言ってきました。
実際にはそれが最大のいじめや誹謗中傷の対策だったのです。

また5ちゃんねるにはオンラインゲームの特定のプレイヤーになりきった書き込みもありました。
それで被害を受けた仲間もいたので危険だと感じました。
またそういう方法で誹謗中傷を受けると本人でなくても困ります。

結局は自分は仲間の助言で5ちゃんねるから遠ざかるという選択をしました。