5ちゃんねるの誹謗中傷体験談④

5ちゃんねるの誹謗中傷体験談

男性 10代

その当時はネットワークゲームにハマっていた時期がありました。
ああいったゲームには大体個別のコミュニティ的なスレがあるのでゲーム内で親しいプレイヤーの方に誘われて書き込みするようになりました。

その方の友人のプレイヤーの方と反りが合わないと言うか向こうの方がこちらを嫌っていたのでゲーム内でも酷い発言をされたりするようになりました。

その後は5ちゃんで自分と思わしき書き込みに対しても粘着されて周りを巻き込んであることないことを汚い言葉と一緒にレスしてくるようになってしまいました。

嘘を信じる方も多く、チートしている人や寄生プレイばかりするなどその時はゲームをやめようかと思っていました

どんな対策をしたか

解決法といえるかは微妙ですが、その方自体が汚い言葉を多用していましたので少なからず不快に思う方もいました。

興味本位で自分とプレイする方もいたので、実際は普通のプレイヤーということも知られるようになり信頼できそうな方には、なるべく事の真意を伝えるようにして広げて頂けるように頼むようにしていました。

その地道な行為が実ったのか、知り合いになった方の中に発言力がある方もいたらしく一時を境に自分に粘着していた方を逆に責めるように仕向けてくださいました。

日頃の発言や行為も災いしてか向こうの方が酷い目に合うようになっていき、その後息を潜めるようにやめてしまわれたみたいです。

自分の場合は運が良かったのと5ちゃんにあまり馴染みがなかったことと誠実に腐らず続けたことが良い方に働いたのだと思います。

30代 女性

10年以上前、コールセンターでテレフォンアポインターの仕事をしていた時に、高校時代の同級生が入社してきました。
高校時代の私は、今と違って一重でエラが張っていましたが、美容整形で二重のほっそりとしたアゴに変わっていました。

私は、まさか昔の私を知っている人が職場に現れると思ってもみませんでした。
しばらくして、私が整形していることが職場で噂になっていることに気が付きました。
仲の良かった同僚に聞いてみると、「5ちゃんで噂になってるよ」と教えてもらいました。
恐る恐る2ちゃんねるを検索してみると、私の名前は伏せてあるものの、明らかに私だと分かる内容の記述がありました。

しかも、中には私が高校時代に、援交していたとかあることないことまで尾ひれをつけて書かれていました。

整形をしたことは、後悔していませんが、職場では一緒に休憩時間を過ごしてくれる人もいなくなり、居づらくなり結局、仕事を辞めてしまいました。

どんな対策をしたか

このまま5チャンネルに書き込みされたままでは、何の解決にもならないと思い、弁護士に相談して削除してもらいました。

自分ひとりでは、どうしたらいいのか分かりませんでしたが、ネットでの誹謗中傷などについて詳しい弁護士に出会えたお陰で解決することができました。